審査員次第のM-1グランプリ

ブログ

う~ん……今年のM-1グランプリもよく分からない判定基準でしたね。全体的に騒がしいだけのコンビが多かったです。

私は「和牛」が1番面白かったと思います。何というか真剣に漫才に取り組んでいる感じが伝わってきますし、非常に完成度が高く芸術作品を見ているようでした。

ボケ担当の水田さんは地元出身ということもあり、応援していたので残念です。優勝者が決まった直後の水田さんの悔しそうな表情で私も辛くなりました。

みなさん言われてますが爆発的な何かが足りないのと、いつも同じような展開で新鮮味に欠けるということはあるのでしょうけど、今のスタイルを優勝するまで貫いてほしいです。

やっぱり漫才のチャンピオンを決める大会なんですから、王道で技術力の高いコンビを選んであげないといけませんよ。

このままどんどん質が落ちていって、奇妙な漫才をする人たちばかりになってしまうと、もはやM-1グランプリの存在意義がなくなってしまいますからね。

これは、書道や陶芸といった展覧会の審査の時も似たような感じで、その時の審査員の好みによって上位に行く時もあれば全く評価されず下から数えた方が早いなんて場合もよくあることです。

しかしながら、サンドウィッチマンの富澤さんの評価は的確でしたね。さすがです。

和牛のお二人にはこれからも期待しております。

お疲れ様でした。

 

 

コメント

  1. hitomi より:

    同じように感じている方がいて良かった…。年のせいか、ギャーギャー言われたら眉間にシワ寄せて見てしまいます優勝決まった瞬間、娘はショックで涙ぐんでましたよ〜。和牛が1番でした!富澤さんのコメントは本当に素晴らしかったですよね。見直しちゃいました(^^)